婚姻に伴う在留資格 | ビザ申請代行 | 木下誠行政書士事務所(東京都台東区)

婚姻に伴う在留資格の申請には以下の種類があります。

  1. 日本人の配偶者等
  2. 永住者の配偶者等
  3. 定住者

 

1. 日本人の配偶者等

日本人の配偶者等には①日本人の配偶者、②日本人の特別養子、③日本人の子が含まれます。

①日本人の配偶者

日本人と国際結婚した外国人が該当します。ビザ申請の際は、法律上の婚姻関係だけでなく、夫婦の実体を伴うことを、書面で証明する必要があります。公式に定型された質問書以外に、二人で写っている写真やメール・LINEのやり取り、両親の上申書などを提出して、真に婚姻関係があることを示すようにします。

②日本人の特別養子

実の親との親族関係の終了し、日本人の子として縁組が成立した外国人です。

③日本人の子

日本人の実子。ただし出生時に父母ともに日本国籍がなかった場合は該当しません。

 

2. 永住者の配偶者等

日本人の配偶者等と似ていますが、永住者の子は日本で出生していることが要件となっていることが、日本人の子の場合と異なるので注意が必要です。

 

3. 定住者

定住者は以下のように定められています。

①第三国定住難民

②日系2世、3世

③「日本人の配偶者等」または「定住者」で在留する外国人の配偶者

④「日本人・永住者・定住者」である父または母の扶養を受ける未成年未婚の実子

⑤「日本人・永住者・定住者」・特別永住者の扶養を受けて生活する6歳未満の養子

⑥中国残留邦人等及びその親族

 

上記以外でも在留資格に関わる不明点、疑問点などがありましたら、お気軽に電話、メール、お問い合わせフォーム等でご相談ください。


料金表(税抜き)

日本人の配偶者等(在留資格認定証明書交付申請, 在留資格変更許可申請)105,000円
永住者の配偶者等(在留資格認定証明書交付申請, 在留資格変更許可申請)105,000円
定住者(在留資格認定証明書交付申請, 在留資格変更許可申請)105,000円
在留期間更新許可申請(事由変更無)30,000円
在留期間更新許可申請(事由変更有)85,000円
申請書類のチェックのみ15,000円