初めてのビザ取得 | ビザ申請代行 | 木下誠行政書士事務所(東京都台東区)

 外国人が留学や就労の目的で初めて日本で生活する場合や、日本人の配偶者等で初めて日本に来る場合などで、ビザ(在留資格)取得から入国までの一連の流れを説明します。

依頼のご相談を頂く(電話、E-Mail、お問い合わせフォーム等)

当事務所(または所定の場所)にて面談及び、在留資格ごとの条件を確認

入国在留管理庁へ申請(必要書類は当事務所が持参)

許可/不許可の通知

許可の場合、在留資格認定証明書を受領

依頼者が本国の日本大使館・日本総領事館へ在留資格認定証明書を持って、査証を申請

査証を取得

旅券・査証、在留資格認定証明書を持って、日本に入国

入国時の審査においては、旅券・査証の有効性の確認は行われますが、在留資格認定証明書を持っていると在留資格の審査は原則省略されます。

在留資格認定証明書の有効期限は3カ月です。有効期限内に入国する必要があります。

外務省ホームページでも図での説明として、就労・長期滞在査証(ビザ)手続きチャートが掲載されています。

 

上記以外でも在留資格に関わる不明点、疑問点などがありましたら、お気軽に電話、メール、お問い合わせフォーム等でご相談ください。